寝ても覚めてもライオンズ

埼玉西武ライオンズを応援するブログです。

與座海人は救世主になれるか[練習試合 L11-1D]

f:id:uza_kou:20200607163228p:plain

好投した與座海人

今日も、ドラゴンズとの練習試合でした。

 

2020年6月7日 埼玉西武ライオンズvs.中日ドラゴンズ 試合出場成績 - プロ野球 - スポーツナビ

 

【先発・與座海人、好投!】

今日のドラゴンズのスタメンは、大島洋平平田良介ビシエドといった主力選手がベンチスタートであり、開幕スタメンを想定したライオンズ打線とは対照的でした。

その分を考慮に入れなければなりませんが、それでも先発の與座は良く投げてくれました。

4イニングを投げ、1失点。

甘いコースや逆球が結構ありましたが、サブマリンという特性を生かし、相手に打ちづらい投球をしていたと思います。

昨日まで、先発投手が崩壊していたため、今日の與座の投球には救われました。

できれば、5イニング目を投げるところを見たかったです。

それでも、開幕ローテ間違いなしです。

 

2番手以降は、いずれもランナーを出し、「なかなかすんなりと行かないな…」と思っていましたが、とりあえず0に抑えてくれて何よりです。

松坂大輔も投げましたが、松坂はランナーなしでもセットポジションで投げた方が良いと思います。

その方が、制球が安定します。

もっとも、1軍の開幕ローテに入るかどうか微妙ですが…。

 

【クリーンアップ以外の打者が活躍】

打線では、森友哉山川穂高・外崎修汰のクリーンアップトリオが音無し。

それでも、この3人以外の選手がヒットを打ち、得点を重ねました。

レフト・アルモンテとライト・平田のミスにより、大量得点となりました。

特に、今日も8番・スパンジェンバーグと9番・木村文紀が良かったです。

スパンジェンバーグは犠牲フライとつなぎのライト前ヒットを打ち、今日もアピールしました。

木村も2安打1打点の活躍。

下位打線がこれだけ打ってくれると、かなり助かります。

公式戦でも同様の活躍を期待します。