寝ても覚めてもライオンズ

埼玉西武ライオンズを応援するブログです。

ホークスが日本シリーズ4連覇

今日も、日本シリーズを見ました。

今日もホークスが勝ち、スイープに成功!

日本シリーズ4連覇を達成しました。

 

今日の試合前、ジャイアンツ先発の畠世周では荷が重いのではないかな~と思っていました。

その予想通り、1回裏に柳田悠岐に2ラン、2回裏に甲斐拓也に2ランを打たれ、あっさりと降板してしまいました。

この4点を跳ね返すだけの力は、ジャイアンツには残されていませんでした。

 

それにしても、ついにジャイアンツ打線が火を噴くことはありませんでしたね。

今日も、ホークスの和田毅の早期降板の隙を突きたかったところですが、ホークスのリリーフ陣にゼロに抑え込まれました。

今日は坂本は打点をあげましたが、丸佳浩・岡本和真の中軸2人は持ち味を発揮できないまま日本シリーズを終えてしまいました。

これではジャイアンツファンもガッカリでしょう。

2年連続4連敗は、かなりの屈辱です。

 

返す返すも、ホークスが強い。

千賀滉大・石川柊太・ムーアといった先発投手の安定ぶりはもちろん、今日のようにブルペンデーになってもリリーフが隙を見せない。

打っては、周東佑京や下位打線が不振ながらも、クリーンアップトリオがしっかりと機能し、打点を荒稼ぎ。

ホークスは、今、黄金時代を迎えていると言えるでしょう。

これで、日本シリーズ4連覇ですが、本当にV9まで行ってしまいそうな強さです。

 

翻って、我がライオンズは、抑えの増田達至に出ていかれては、ホークスの背中が一層遠のくばかりです。

毎年のように、主力選手が流出するライオンズの悪しき伝統。 

それを埋め合わせる新戦力の台頭が必須です。

有望な若手、出てこ~い!