寝ても覚めてもライオンズ

埼玉西武ライオンズを応援するブログです。

今季のライオンズは弱い[練習試合 L3-9M]

今日も、マリーンズとの練習試合が行われました。

ライオンズは3-9で敗れました。

 

今日は、大量失点してしまいました。

先発の平井克典は、初回に3失点してしまいました。

後の2イニングは良かっただけに、ペース配分などせず最初から飛ばして抑えてほしいものです。

 

6回表には、ルーキーの大曲錬が登板しました。

アウトを1つしか取れず、4失点で降板しました。

 

準硬式出身の西武のドラ5・大曲にプロの洗礼 1回持たず4失点(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

 

初めて見る投手ですが、はっきり言ってまだ1軍レベルではありませんね。

まっすぐが速いという触れ込みでしたが、今日の登板では150キロに達する球はほとんどなく、変化球もキレはなく、細かいコントロールもない。

一言で言って、何が持ち味なのかわからない投手でした。

まあ、これからの伸びしろに期待しましょう。

 

それにしても、ライオンズ打線、打てませんね…。

今日は若手の大曲と井上広輝で失点したので、敗戦という結果は重要視していませんが、3得点しか奪えなかった点は反省すべきです。

試合途中からレギュラークラスを下げ、若手を並べているわけですが、それはマリーンズも同じこと。

点を取れるマリーンズと、点を取れないライオンズ。

選手層の厚さの違いが、如実に表れています。

 

中継の最後、解説の松沼博久さんが、「ライオンズはAクラスは確定。あとは、優勝するか、2位になるか、3位になるか…。」と言っていましたが、ええっ! 練習試合を見る限り、今季のライオンズはBクラスでしょう。

繰り返しになりますが、ライオンズの選手層が薄すぎます。

若林楽人とブランドンの活躍が見られますが、ルーキーにこれだけ頼るというのは、逆に言えば他の選手がだらしないということです。

まったくもって、つまらないです。