寝ても覚めてもライオンズ

埼玉西武ライオンズを応援するブログです。

源田、たまらん!

今日は、源田壮亮について書きたいと思います。

 

3年連続Bクラスの西武を変えた源田壮亮 加入後は連覇含む3年連続2位以上!(ベースボールキング) - Yahoo!ニュース

 

この記事にもあるように、ライオンズは源田の加入により、BクラスからAクラスへと変わりました。

源田の働きが大きいことは、言うまでもありません。

 

守備については、今更文句のつけようはないでしょう。

とにかく守備範囲が広く、ファーストへの送球が正確。

投手も、「しまった! これはヒットだ!」と思った打球を、源田が難なくさばくのを見ると、本当に勇気づけられるでしょう。

この前の日曜日、「中居正広プロ野球珍プレー好プレー大賞2019」での「現役選手が選ぶ『守備の達人』TOP5」というコーナーで、源田は、あのカープ菊池涼介をおさえ1位に輝きました。

それだけ、ファンだけでなく選手にも、源田の守備の素晴らしさは浸透しているということです。

エラーの数も、今季は9個と、見事1ケタを達成しました。

今季は、ピンチの場面で率先してマウンドに向かい投手に声をかけるなど、リーダーシップも芽生えていると思います。

源田は、球界を代表するショートになりました。 

 

走塁も、プロ入り3年ですべての年で30個以上の盗塁を記録しており、相手バッテリーへの圧力もかけています。

ライオンズの誇る機動力野球の一翼を十分にになっています。

 

ただ、私は、源田の打撃はまだちょっと物足りないなあと正直思ってしまいます。

今季の成績は、打率.274、出塁率.324。

悪くはありませんが、2番バッターとしてはもうちょっとほしいなあと思ってしまいます。

先頭の秋山が出塁し、源田はヒッティングで、結果内野ゴロ・ゲッツーという場面を何度か見ました。

ランナーがいる場面ではもっと送りバントを試みてもいいと思います。

また、得点圏打率.297と、チャンスであまり打てていません。

贅沢かもしれませんが、源田にはチャンスを広げ、また得点を決める打撃をより多く求めたいと思います。

 

源田の守備と走塁は申し分なし、あとは打撃が課題です。

(その点では、源田の大の仲良しである金子侑司も同じですが…。)

それから、言うまでもないことですが、1シーズン怪我なくフル出場してくれることが、何よりもチームの貢献になります。

来年も源田には期待していますよ!

 

最後に、源田の候守備の映像を載せます。

www.youtube.com

新外国人2人&メヒアと契約

今日、2人の新外国人選手の契約合意が発表されました。 

 

西武 渡辺GM、新外国人左腕ノリンは「ゲーム作れるタイプ」、スパンジェンバーグは走攻守そろう(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

 

ショーン・ノリン投手とコーリー・スパンジェンバーグ内野手の2人です。

 

ナベQの評価からすると、ノリンはリリーフではなく先発で期待されているようです。

どちらかというと先発よりリリーフの方が手薄だと思うのですが、リリーフに回る外国人選手とはまた別に契約があるのでしょうか?

というか、ないと困りますが…。

 

スパンジェンバーグは、最後に↓動画を載せました。

そのユーティリティさから、「左の外崎」と言ったところでしょうか。

動画では華麗な内野守備を披露していますが、外野も守ったことがあるということなので、ライオンズではおそらくレフトを守ることになるのではないかと思います。

また、動画では、逆方向にもホームランを打っていますが、このバッティングをライオンズでできれば、相当な戦力になると思います。

打率.280、ホームラン25本、打点90くらい残せれば、秋山の抜けた穴は埋められそうです。

もちろん、金子侑司や外崎修汰らの活躍が不可欠ですが。

 

また、メヒアとの契約合意も発表されました。

 

西武 メヒアと4億3000万円減で再契約「必要な戦力ということでオファー」と渡辺GM(東スポWeb) - Yahoo!ニュース

 

球団は、打率.211のメヒアと、よく1億円超えで契約しましたね。

かなり高い「買い物」だと思いますが…。

メヒアは、代打稼業を極めるしかないですね。

代打の神様」と呼ばれるような活躍を期待しています。

あと、「イーグルス松井裕樹キラー」としても期待しています。

 

スパンジェンバーグの動画です。↓

 www.youtube.com

 

 

金のかかる時代

今日も、主力選手の契約更改がありました。

3人取り上げたいと思います。

 

【外崎修汰】

西武・外崎は倍増1億4000万円「僕自身は内野でいきたい」(東スポWeb) - Yahoo!ニュース

 

外崎は、入団当初は非力な打者だったんですけど、今ではパンチ力のある立派なクラッチヒッターになりましたね。

ただ、本人も目標に「キャリアハイ」を掲げているように、もっと良い成績は残せるはずです。

特に、打率は3割を求めたいですね。

後は、セカンド守備でのエラーを減らすこと。

来季、おそらく開幕ではトップバッターは金子侑司だと思いますが、金子がふがいない状態の場合は、外崎がトップバッターを打ってもおかしくないと思います。

また、おそらく来季の東京オリンピックでは、侍ジャパンの一因に選ばれるでしょうから、レギュラーシーズンとともにオリンピックでも持ち味を十分に出してほしいです。

 

十亀剣

西武十亀FA行使の3年契約 若手に苦言「危機感ない」(西日本スポーツ) - Yahoo!ニュース

 

十亀の年俸は、どうしても納得がいきませんねえ。

5勝6敗、防御率4.50の成績で、7000万円、3年契約ですか。

年俸泥棒だと言われても仕方ありませんよ。

まあ、十亀はFA宣言してましたから、引き留めのためにはこれくらいの額が必要になってくるんでしょうが…私はどうにも納得がいきません。

若手に「危機感がない」と言っていますが、じゃあ十亀はどうなの⁉ と言いたくなります。

十亀の契約更改については、なんだか不条理さを感じざるを得ません。

私ごときに「年俸泥棒」呼ばわりされたくなかったら、ちゃんと来年は2ケタ勝つことですね。

 

 

山川穂高

西武山川が2.1億円で契約更改 2年連続本塁打王は1億円の大幅昇給(Full-Count) - Yahoo!ニュース

 

うーん、山川の契約も、私は正直納得できません。

打率・本塁打・打点すべての面で昨季を下回ったにもかかわらず、1億円も増額し、森友哉より高い額で契約したのは納得できません。

シーズン途中で4番を外されたのもマイナスポイントですよ。

2年連続でホームラン王に輝いたのは立派だと思いますが、これも他にめぼしいホームランバッターがいなかったからとも言えます。

来季はシーズン通して4番に座り、今季以上の「どすこい!」を見せてほしいものです。

 

それにしても、このオフは多くの選手が大幅な増額を勝ち取っていますね。

今季優勝したので、当然と言えば当然ですが、これだけ球団が払わないと、FAやポスティングで選手がライオンズから逃げてしまうということなのですね。

本当に、金のかかる時代になりました。

球団のご苦労、お察しします…。

主力選手の契約更改

今日も、契約更改のニュースがありました。

今季、主力を担った4選手の契約更改を取り上げたいと思います。

 

【金子侑司】 

西武金子侑、6300万円増の1.2億円! 変動制の4年契約「ずっとライオンズでやれたら最高」(Full-Count) - Yahoo!ニュース

 

この契約をもって「生涯ライオンズ宣言」と考えていいのですかね?

ともかく、長期契約を結べたことは好ましいニュースです。

金子はライオンズに必要な選手ですから。

 

しかし、金子に期待するからこそ、求めるものは厳しくもなります。

今回の契約の記者会見では、色紙に「全試合出場!」などと書いていますが、こんな低い目標ではダメ!

「打率3割」「出塁率4割」くらいのことは宣言してほしいものです。

秋山翔吾の代わりになる存在ですから、そのくらいの目標を掲げて当然です。

今回の高額な年俸、そして背番号「7」に見合うだけの活躍はしてもらわないと困ります。

 

栗山巧

西武栗山、1300万円増の1.5億円でサイン 松坂復帰に「スーパースター、憧れの先輩」(Full-Count) - Yahoo!ニュース

 

私は、「ライオンズで好きな選手は誰?」と聞かれたら、真っ先に「栗山です」と答えます。

これまで、数多くの主力選手が、FAやポスティングでライオンズを去る中、ライオンズ一筋18年、よくここまで頑張ってくれています。

もちろん、同じ生え抜きで同期の中村剛也も良いのですが、栗山のストイックな姿勢に好感が持てるのです。

来年か、再来年かわかりませんが、ぜひともライオンズのユニフォームで2000本安打を達成してほしいです。

 

増田達至

【西武】守護神・増田は9000万円増の1億9000万円、単年契約でサイン 来季FA権取得見込みも「1年1年勝負していく気持ち」(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

 

今日ブルーになったのはこのニュースですよ…

球団は複数年契約を提示したものの、それを固辞。

単年契約となってしまいました。

増田は、「1年1年勝負していく気持ちで」と言っているようですが、FA権を取得したら行使するつもりなのは明らかです。

増田が抜けたら痛いな~~~。

例えば、将来増田が抜け、代わりに平良海馬がクローザーになったら、平良の代わりになるのは誰? という話。

リリーフ陣が今よりもいっそう薄くなってしまうということです。

今年ドラフトで引き当てた宮川哲に頑張ってもらうことになるかもしれません。

増田には、金子のような「ライオンズ愛」はないということでしょうか…

 

森友哉

西武MVP男・森、1億2000万円増の2億円でサイン! 大幅増に驚き「ビビりました」(Full-Count) - Yahoo!ニュース

 

まあ、8000万円から一気に2億円ですから、驚いたでしょうね。

森は、よくキャッチャーをこなしながらバッティングでも結果を出してくれました。

入団当初は、「森は体が小さいからキャッチャーに向いていない。外野手に転向すべき」という声もありましたが、見事に見返してやりましたね。

あとは、できれば来年の東京オリンピック侍ジャパンの一人に選ばれないかな~と思っているのですが、どうでしょうか。

 

松坂大輔、ライオンズに復帰

以前から報道されていた、松坂大輔のライオンズへの復帰が、きょう正式に発表されました。

 

松坂 西武入り正式発表 14年ぶり古巣復帰「大変、うれしく思います」 背番号16、1年契約(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

 

これに関しては、「単なる人気取りだろう」という見方もあります。

実際、グッズの収入や観客動員の面で球団に「貢献」する可能性があると思います。

しかし、それだけでなく、「戦力として期待できる」という見方もあります。

たとえば以下↓のような報道。

 

温情枠との見方もあるが... 松坂大輔、西武入りなら「2ケタ勝利」も夢じゃない? : J-CASTニュース

 

まあ、さすがに2ケタ勝利は「夢」だと思いますが(苦笑)、先発ローテの谷間として登板し、チームの勝利に貢献することもあるかもしれません。

今考えられる限り、ライオンズの先発ローテは、ニール・高橋光成・今井達也・十亀剣・松本航・本田圭佑の6人です。

彼らのうち、故障や不調により離脱を余儀なくされた場合、内海哲也榎田大樹、多和田真三郎といった投手が登板することになると思いますが、松坂もそのような枠でスタンバイすることになりそうです。

 

ただ、松坂は今季無勝利に終わった投手です。

来季も活躍できず引退、という流れになる可能性が高いと私は思います。

「ダメでもともと、今季も無勝利に終わっても仕方がない、勝ててくれればラッキー!」くらいの気持ちで見ようと私は思います。

 

まあ、数字を残せなくても、チームに与える影響が大きいとは思います。

実際、内海は、松坂加入に好意的です。

 

西武内海が松坂の加入を大歓迎 2009年WBCで共闘「こんなに嬉しいことはない」(Full-Count) - Yahoo!ニュース

 

内海も正直、勝ち星は期待できないなあと私は半ばあきらめていますが、私の予想を裏切って、松坂・内海がチームの勝利に貢献できるとよいなと思っています。

 

契約更改交渉

秋季キャンプが終わり、ファン感謝イベントも終わり、球界は契約更改交渉の時期に入りました。

ライオンズでも、早速、何名かの選手が契約を更改しましたが、今日はその中から3人の選手を取り上げたいと思います。

 

まずは、中村剛也

 

西武・中村は3億5千万円で更改 4年ぶり打点王で9千万増(共同通信) - Yahoo!ニュース

 

9000万円増は凄いですね。

しかし、今季はそれだけの活躍をしてくれました。

打点123でパ・リーグ打点王を獲得。

出場試合数も、昨年の97試合から、135試合へと増え、よりチームに貢献しました。

そんな中で、シーズン途中に、不調の山川に代わって4番に座り、チームを支えました。

満塁のチャンスにめっぽう強く、「満塁で中村を迎えたら、勝負せず歩かせた方がいいのではないか」とまで言われました。

超一流選手にふさわしい金額で更改したと思います。

 

次は、佐藤龍世。

 

【西武】昨年ドラフト7位の佐藤は240万円増でサイン 球団から「想像以上に頑張ってくれた」(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

 

中村に代わり、サードを守る機会が何度かありました。

打率.220、本塁打2本、打点7と、数字だけ見ると寂しいものがありますが、それ以上に将来飛躍する可能性を試合の中で見せてくれました。

来季は、今季以上に、「指名打者・中村」「サード・佐藤」という起用があるでしょうから、ぜひとも飛躍してほしいです。

 

中村や佐藤と違い、ダウンした選手もいました。

永江恭平

 

【西武】50万円ダウンの永江 「何もしていないので、いつの間にか終わった感じ」(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

 

永江は、即戦力ではありませんでしたが、素質十分で期待されて入団したんですけどね…

プロ入りして8年、いまだその才能を開花できずにいます。

守備は十分。問題は打撃です。

内野はどこでも守れるだけに、打撃さえ数字を残せれば、内野手の定位置争いに割って入れます。

来季は、「レギュラーの控え」ではなく、「スタメンの一角」を脅かす存在になってほしいです。

 

最後に、佐藤のプロ入り初ホームランの映像を載せます。↓

www.youtube.com

平良と鈴木

今日は、ちょっとした珍プレーがあったようで(苦笑)

 

西武平良ら野球教室遅刻…群馬のはずがナビで山梨へ(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

 

まあ、こういうこともあるでしょう。

 

くしくも、平良と鈴木は、ともにこれからのライオンズをしょって立つ選手です。

平良の今季の成績は、26試合登板、2勝1敗6ホールド、防御率3.38。

鈴木の今季の成績は、16試合出場、打率.154、打点1。 

今シーズンが「実質1年目」となりました。

 

平良は、来季にも「勝利の方程式」の一角を担ってほしい投手です。

今季のリリーフ陣は、とにもかくにも平井の負担が大きすぎました。

平井に負けないくらい平良にも登板してもらって、チームの防御率を改善させてほしいです。

 

鈴木は、その才能から、「ポスト秋山」と言われている選手です。

平良とは違い、今季印象に残る活躍を残せませんでしたが、秋山の抜けた来季の外野手を担ってほしい存在です。

ライバルは、愛斗・戸川・川越・西川など、数多くいます。

それだけでなく、外野手を任せる新外国人選手が加入するでしょう。

鈴木には、そういった選手にも負けない活躍を見せてほしいです。