寝ても覚めてもライオンズ

埼玉西武ライオンズを応援するブログです。

投手陣の陣容

今日も、昨日に続き、ファーム練習試合は中止です。

昨日は打撃陣について考えましたが、今日は投手陣について考えてみたいと思います。

 

【先発】

ニール

高橋光成

松本航

今井達也

與座海人

十亀剣

松坂大輔

 

【中継ぎ】

ギャレット

平井克典

平良海馬

齊藤大将

浜屋将太

森脇亮介

國場翼

 

【抑え】

増田達至

 

当初は、中継ぎの方が苦しいと思っていましたが、いざ実戦が始まると、先発陣の方に不安を露呈しました。

本田圭佑榎田大樹が先発ローテ争いから脱落したのは痛いです。

松坂を先発ローテ候補に挙げなければならないのは、本当に苦しいです。

「サンデー松坂」とか言って浮かれている場合ではありません。

ただ、上記では浜屋を中継ぎとしましたが、状況次第では先発に回るかもしれません。

また、すでに2軍で登板している、ドラ1ルーキーの宮川哲が、先発か中継ぎのどちらかに入ってくるかもしれません。

いずれにしても、先発は苦しいです。

 

中継ぎ・抑えも、練習試合やオープン戦で多少失点しており、盤石とは言えませんが、先発陣よりは駒はそろっています。

勝利の方程式は、平良→平井→ギャレット→増田、となりそうです。

ギャレットが意外に良く、平井の負担は昨季に比べれば軽くなりそうです。

また、左のワンポイントでは、齊藤大が良さそうです。

昨季まではコントロール難から四死球を連発していましたが、今季は左バッターに対しては良いコースを攻めることができており、期待が持てそうです。

 

投手陣の再建がライオンズの最大の課題と言われていますが、今季も投手陣の不安定さは続きそうです。

カギになるのは、高橋光・松本・今井といった若手が成長し、昨季以上の貯金を稼げるかどうかということです。

特に投手陣に大きな戦力補強をしなかったので、現有戦力の成長が期待されます。

難しいかもしれませんが、何とか今季はチーム防御率を3点台にしてほしいです。

ベストオーダー再々考

今日は、予定されていたファーム練習試合が中止となってしまいました。

 

西武 全コーチ・選手・スタッフの土日自宅待機発表 2軍練習試合も中止(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

 

暇になったので、またしてもライオンズのベストオーダーを考えてみたいと思います。

3月5日にも考えましたが、そのころと比べると若干変わっています。

 

1(中)金子侑司

2(遊)源田壮亮

3(捕)森友哉

4(一)山川穂高

5(二)外崎修汰

6(三)中村剛也

7(指)栗山巧

8(右)木村文紀

9(左)川越誠司

 

1番の金子ですが、オープン戦・練習試合を通して、内野安打が目立っています。

ボテボテの内野ゴロですが、1塁まで全力疾走して、セーフを勝ち取る場面が何度もあります。

このように、金子が自慢の足を生かして出塁率をアップできるのであれば、1番バッターにふさわしいと思います。

トップバッターとして外崎も考えられるのですが、現状6番の中村の調子が上がっていないため、外崎は5番に固定せざるを得ません。

ところで、繰り返しになりますが、金子の足の具合は大丈夫なんでしょうか?

なんのニュースにもなっていないのですが、これは大丈夫ということを意味しているのでしょうか?

私としては、気になるところです。

 

指名打者は、メヒアより栗山ですね。

栗山は、一発こそ少ないですが、良いところでヒットを打ってくれます。

ただ、この2人については、これからの練習試合でまだ競争が行われるでしょう。

調子のよい方が、スタメンに起用されると思います。

 

3月5日のベストオーダー案では、7番にスパンジェンバーグを置きましたが、その後、とんでもない期待外れの外国人であるらしいということがわかりました。

よって、スタメン・レフトは川越がふさわしいと思います。

川越は、昨日もマリーンズの背番号18・二木康太から会心のホームランを打っており、バッティングに期待が持てます。

どうでもいいことですが、川越の登場曲は、ぜひゴジラで固定してほしいです。

途中から「世にも奇妙な物語」の曲が流れていますが、それよりもゴジラの方が川越にふさわしいです。

ゴジラ川越」として人気が出ると思います。

 

私はかねてより、日本の投手に慣れさせるため、スパンジェンバーグを2軍で起用すべきだと主張してきましたが、実際にそうならないのはなぜでしょうか?

ケガ以外では2軍に落とさない旨が契約の中に盛り込まれているのでしょうか?

いずれにしても、このままではスパンジェンバーグに未来はありません。

 

この他に、私が個人的に「1軍で試してほしいなあ~」と考えているのが、ルーキーの岸潤一郎です。

2軍の試合でヒットを重ねており、守備範囲も広く、強肩でもあるようです。

今後は1軍でどれくらい働いてくれるのか、ぜひ見てみたいです。

川越誠司、3ランホームラン![ファーム練習試合 L4-5M]

f:id:uza_kou:20200327171345p:plain

ホームランを打った川越誠司

今日は、マリーンズとのファーム練習試合が行われました。

私は、試合の模様をリアルタイムで見ることができず、試合終了後に得点・失点シーンのみ見ました。

 

【川越誠司、力強い一発!】

ライオンズの得点ですが、山田遥楓のソロと、川越誠司の3ランによる4点でした。

川越の一発は凄かった。

打った瞬間それとわかる、大きなホームランでした。

相手のエース格である二木康太から打ったことに価値があります。

やはり、金子侑司・木村文紀に次ぐ外野第3の枠は、川越がふさわしいようです。

レギュラーシーズンに入っても、力強いバッティング期待しています!

 

【榎田、開幕ローテ争いから脱落か】

せっかく4点リードしたのに、3番手の榎田大樹が吐き出してしまいました。

菅野剛士のボテボテの当たりでアウトを取れなかったので、アンラッキーな面もありますが、打たれすぎですし、フォアボールも出しすぎです。

本田圭佑にせよ榎田にせよ、球威で相手を圧倒するのではなく、コントロールが命の投手なので、甘く入れば打たれます。

榎田はアピール不足となりました。

2軍でも獅子おどし打線爆発![ファーム練習試合 F5-13L]

f:id:uza_kou:20200326165638p:plain

ホームランを打った愛斗

今日も、ファイターズとのファーム練習試合を見ました。

所用があり、3回裏からの観戦となりました。

 

【つながった打線】

今日は、打線が機能し、13得点を挙げることができました。

今日も、呉念庭が好調!

イムリーを放ちました。

そして、愛斗も好調!

豪快なホームランを打ちました。

そしてそして、岸潤一郎も打ちました!

イムリー含む3安打の活躍。

今日は、高木渉や西川愛也、山野辺翔もタイムリーを打ち、打線では言うことがありません。

 

それにしても、相手の投手ながら、河野竜生の投球は酷かったな…。

ヒットを打たれるだけでなく、ワイルドピッチを重ねて失点しました。

昨年のドラフト会議では「S級」の評価を得て、1位指名されて入団したのに、今日の投球を見る限りは、1軍の戦力になるのは当分先のようです。

ライオンズが河野に行かなくて正解だったかもしれません。

 

本田圭佑は先発ローテ失格!】

一方、投げる方では、先発した本田圭佑が5失点しました。

改めて、今シーズンの先発ローテには入らないだろうと確信しました。

松坂大輔よりもひどいですよ。

 

2番手以降は、國場翼→相内誠→佐野泰雄→森脇亮介→齊藤大将のリレーで無失点。

特に、齊藤大の投球は良かったなあ~。

右打者である野村佑希にヒットを打たれましたが、それ以外の左打者は寄せ付けず、清宮幸太郎もたった1球でピッチャーゴロに仕留めました。

左のワンポイント候補では、齊藤大が一歩リードしたという感じがします。

 

球界では、タイガースの藤浪晋太郎PCR検査を受けるということで、もし陽性なら球界にも新型コロナウィルスが迫ることになります。

早く収束してほしいものです。

フォアボールさえ出さなければ良い投手[ファーム練習試合 F2-4L]

f:id:uza_kou:20200325183529p:plain

最終回に登板した宮川哲

今日もファイターズとのファーム練習試合が行われましたが、今日に関してはリアルタイムでは試合を見られませんでした。

点の入ったイニングを中心につまみ食いして映像を見ました。

 

【今井達也、連続四球から失点】

投手陣では、先発の今井が、初回にフォアボールを2つ出し、清宮幸太郎にタイムリーを打たれました。

今井は本当、フォアボールさえなければよい投手なのですが…。

今日は4イニング投げ、失点はこれだけですから、もったいない。

とにかく、フォアボールを減らすことが今井の最大の課題です。

あと、投球フォームを見て思いましたが、何となく投げ方がバファローズの山本由伸に似ていませんかね?

まあ、そう思うのは私だけかもしれませんが…。

プロでの実績からしたら山本の方が格段に上なので、今井は山本の真似をして投球してみたらどうでしょうか。

素人目からの提案です。

 

2人目は與座海人。

こちらも失点はソロホームラン1本による1点だけという好投。

まだ先発ローテ入りに可能性を残しています。

松坂大輔よりも良い投球をすると思います。

多くの人は松坂の投球を見たいと思うのでしょうが、私は松坂よりも與座のサブマリンの投球を見たいと思います。

 

最終回、ドラ1の宮川哲が投げました。

私は、実際に試合で投げるのを初めて見ました。

印象としては、まっすぐで押す力はあるもの、変化球はすっぽ抜けたり指に引っかかったりしてコントロールに苦しんでいるなあという感じです。

今後はもっと長い回を投げてみて、先発とリリーフどちらに適性があるのか、見極めてほしいと思います。

 

【好調な呉念庭

一方、バッティングでは、呉が2回表に逆転のタイムリー!

マルチヒットとはなりませんでしたが、好調ぶりを発揮しています。

この調子だと、上からもお呼びがかかるかも。

 

また、愛斗が2安打し、いずれも点に絡みました。

愛斗はまだ調子の波が激しいので、コンスタントにヒットが打てるようになってほしいです。

 

そして、期待の新人・岸潤一郎が、4点目となるタイムリーを打ちました。

走攻守そろってよい活躍をしています。

秋山翔吾の抜けた外野手争いに、岸も参戦させてみてはどうでしょうか?

高橋光成、不安な投球[ファーム練習試合 F3-4L]

f:id:uza_kou:20200324155001p:plain

今日先発した高橋光成

今日は、ファームの練習試合を見ました。

1軍の練習試合は取りやめになりましたが、2軍の練習試合は行われるみたいです。

 

高橋光成は今一つ】

今日のライオンズの先発は、高橋光成でした。

5回を投げ、被安打6、四球1、失点2という結果でした。

今日の結果に対する評価は難しいところですが、私としては「これでは開幕は不安。もっと良い結果を残してほしい」というのが本音です。

今日一番悪かった点は、毎回ランナーを許してしまい、三者凡退のイニングがなかったことです。

毎回安打を許す厳しい投球でした。

1軍相手だったら、「よく粘れた」と評価したいところですが、2軍相手なので、もっとビシッと抑えてほしかったです。

奪三振は8と多かったのですが、「1軍だったら空振りしないよなあ…。」と思わせる場面が多かったように思います。

次回登板では、もっと相手をねじ伏せる投球を見せてほしいです。

 

2番手以降は、伊藤翔・中塚駿太・野田昇吾が投げましたが、全員がフォアボールの出塁を許している点がいただけません。

もっとストライク先行のピッチングをお願いします。

 

【見るべきところのない打線】

一方、打線ですが、こちらも見どころのない結果でした。

相手エラーのおかげで4得点できましたが、それがなければ1得点に抑えられていたところでした。

あえて言えば、呉念庭が2安打したのが好材料でしょうか。

呉はファーストだけでなくショートも守れるので、1軍に置いていてもよい選手だと思います。

先日の1軍の試合で、山川穂高の代走として出場し、浅い外野フライからタッチアップして本塁生還するなど、足でも見せています。

これからの呉に期待したいと思います。

プロ野球は「4月24日開幕を目指す」

今日、プロ野球の開幕について、「4月24日を目指す」ことが発表されました。

 

プロ野球4・24開幕目指すと決議、練習試合は休止(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

 

これまでは、「開幕は4月10日以降」となっていましたが、開幕の時期がさらにずれ込むことになりました。

それだけでなく、パ・リーグについては、明日からの練習試合は取りやめになってしまうようです。

正直、これにはがっかりしました。

せっかく20日以降、練習試合という形ではあれ、実戦が見られていただけに、その機会がなくなってしまい、とても残念です。

もっとも、公式戦の開幕は4月24日を「目指す」というだけであり、状況によってはさらにずれ込むことが予想されます。

私としては、以前も書きましたが、プロ野球は、当初の予定通り3月20日開幕、無観客試合で行うとしてほしかったです。

ああ、早く試合が見たいよう!

新型コロナウイルスの馬鹿野郎!

 

ところで、まったくニュースになっていませんが、金子侑司の足の具合は大丈夫なんでしょうか?

森友哉の頭部死球についてはニュースになっていますが、金子の足のことはニュースになっていません。

まあ、公式戦までかなり時間があきましたから、十分ケアして公式戦開幕に臨んでほしいと思います。